石や水槽のガラスについた

3歳の幼児が釣りにはまっていらっしゃる。
釣りと言っても、釣竿で魚を釣るのではなく、網で水草の根っこのところをゴワゴワやって、小魚や狭苦しいエビを食するのが歓迎みたいです。

図説としてはすごい地味で、一緒に遊戯に行ったお身の回りも「おや、釣らないの?」といった神秘みたいに見ていました。
本人は一旦こういう網ゴワゴワが大好きで、四六時中網を持ってどっか駆け回り、酷い鳥獣をとっています。
我々はひたすらやるのも何なので、コンビニで買った裂きイカを紐で縛って、割りばしで作った簡易釣竿でザリガニ釣りをしています。
海中に垂らしておくと、知らないうちにザリガニが引っ張っていくので、褒めちぎるってくっついてくる。

各週のように川に釣りをめぐっているため、幼児はもちろん、私の釣りの手ものぼりました。
近くで坊や連れのパパさんが必死に釣ろうとしている隣で、我々がすいっとザリガニを釣ると悔しそうです。
そりゃこれだけやってりゃ誰でも上手になります。

網ゴワゴワ歓迎がうちのダディにばれて、この間帰ったら水槽が準備されていました。
この鳥獣は最もエサをあげなくても、石や水槽のガラスについた藻を食べたりして、勝手に生きてもらえるそうです。

さっそく何匹か入れてみたところ、居心地が良かったのか2,3日で脱皮しめくり、大きくなっていました。出会い系を沖縄県那覇市で使うならアプリがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です