応急執刀だ

遺伝なのか?私の父方の家柄は虫垂炎になる確率が高く、伯父伯母、従兄弟陣が何人も執刀をしています。
私も小学5年生の時、突発性虫垂炎になり応急執刀を受けました。
初夏の朝方、いつもの様に起き、ミールを済ませ、歯を磨いている時にキリキリッとおなかが痛くなったので、お母さんに「おなかがきつい」と申し立てるといった「いつもの事、すぐ癒えるよ無事故」というさっぱり流されてしまい、きつい通り勉学へ登校しました。
あるくのも痛くて、勉学に着きレクチャーに行き着くって痛苦が酷くなり、吐き気も出て来て立っていられない程の激痛という嘔吐に襲われました。
担任の教官に保ちられ保健室へ行く時、余計痛苦が激しくなり、何度も嘔吐をしました。保健室のベッドに転がる様に脇になり、もがく近辺痛くて我慢できない痛苦でした。
教官が尋常ではない、といった気付いてくれて「家のお客に連絡して迎えに来てもらおう」って呼出連絡をしてくれました。
お母さんは急いで車で迎えに来てくれ、丸々かかりつけの小児科へ赴き見立てをすると「盲腸だよ」と言われました。
そちらの小児科では執刀出来ない結果、疑問状を書いてもらい大きな合同病院にDLされました。
DL先決で「応急執刀だ」と言われ、朝方おなかが痛くなってから4~5時間経つか経たないかの間、心構えも無く執刀がいかなる要素かも思い付か通り、体内麻酔を通じて執刀をしました。
執刀次、お父さんが取り出された盲腸を見せられ「沸騰直前でした」というそうです。
既に、随分前の事ですが鮮明に覚えている実に痛かった忘れられない経験だ。
北海道札幌で人妻との出会い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です