優勝バリエーション

1990歳ワールドカップ、イタリアフェスティバルでバルデラマを中心に壮麗決勝トーナメント開設を果たしたコロンビア筆頭、その4歳後のワールドカップでは、バルデラマを中心にアスプリージャ、リンコン陣が最上級、とにかく南米予選のアルゼンチン戦では当時優勝バリエーションの最右翼って目されたこういう仲間を代物ともせず、何と5対0の圧倒的、スゴイ強さを見せ、一躍優勝バリエーションに申し述べる事例となります。
コロンビア筆頭のワールドカップ初戦はハジ、ラドチョウ、ドミトレスク陣を擁するこちらも欧州の強豪ルーマニアとの競争、ゲームは互角かと思われましたがコロンビアは南米予選で見せた輝きをとっても解き放つ事例無くルーマニア彼氏3対1というまさかのミス、災禍はそれだけに続かず2戦目の対USA戦、当時のUSAはスタート国々とはいえ先ほど注目される仲間では決してありませんでした。
ものの競争出発すぐさまオウンゴールをサービス、その後もワンポイントを追加されます。
コロンビア筆頭も後半にワンポイントを返し自尊心を見せますが後の祭り、優勝バリエーションというコロンビアは不安の予選ミスが決定しました。でも予選終焉戦となったスイス戦では自尊心を見せ2対0で勝利したのはせめてもの救いだったと思います。
出会い系サイト山口下関ならここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です