保育園で講じる

小学校の小児を学童保育に預けている。
夕暮れ、学童保育に小児を迎えに行くって、低学年から小児と同じ中学年くらいの子供たちがお揃いの練習積み荷を持って廊下に並んでいました。
白地にカラフルな英語が書かれた積み荷に、やはりみなお揃いの水色のファイルが入っています。
その種族の中に、分かる男子の陰を見つけたので、私は声をかけました。
「みんなでどこに出向くの?」
「英語してるの」
「ほど近いの?」
「ええ、○○保育園で講じるんだよ」
だそうで。

保育園の実習をつかって英会話実習をやっているのですかね。
私は、ちょい焦りました。
英語、あなたもう始めているんだ。
私は小児に英語なんてやらせてあげていない。
今時は、英語が話せて当たり前ですわ、あんな人前が来てるんだわ。
妙にワクワクしたフィーリングになりました。

そうしたら連日、私はNHKの英語企画を小児にあげることにしました。
そりゃこれから、連日みせました。
ユーチューブで小児向けの英語の動画も長々みせて、随分面白く二人で英語によってみたりして過ごしています。
私も嬉しいだ。

そういったある日、小児がモーニングの時に私に呼び掛けました。

「ねえ、お母さん。前日さテレビで、エロリックがさ、ポップコーン食べられたじゃん?そっと」
「何?ドスケベリック?」
「はい、ドスケベリック。お母さん見てなかったの?○○といったお姉さんが戦法をそうしてしてたのが面白かったよね」
「すみません。エロリックが気になって筋道が入ってこない」
「どうして?ドスケベリック、しょっちゅうと同じだったよ」

小児はエリックのことを終始エロリックだと思って聞いていたのでした。
エリックって ”リ”のところで巻き舌になりますもんね。

悪気なんてみじんもなくて、実に生真面目な眼でドスケベリックってそれほど呼んでいました。

「エリックって言ってあげてね」

私が手厚くいうと、

「え、エロリックじゃないの?」

「はい。エロリックだとちょい違うくなるからさ。エリックって呼んであげようよ」

小児、わかってくれた同様でした。
これからも英会話、頑張ります。
出会い系サイト愛媛松山ならここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です