ピース記憶館の中には

更に10カテゴリーほど前になりますが、生まれてようやく行った広島では私貴重な経験をする事項となりました。
新幹線によって広島到着後、その足で宮島へ、長時間ほどウロウロした先広島市内に帰り宿屋へ入室、そうして引き続き夜の街へと繰り出します。
この日の夜はほんのり敷居が高そうな居酒屋様、前もって使ってるものがその土地の名産売り物という事もあり、稼ぎはかなりのものがしました。
翌朝早起きしてではピース記憶公園へ、真っ先に目に入った原爆ドームを見て、本当にテレビジョンで見るによって大いに悲しげにそびえ立っていたのが相変わらず印象的で、ところどころに飾られた千羽鶴にはピースの狙いが秘められていると感じずにはいられませんでした。
そうしてその後に立ち寄ったピース記憶館、そこでは悲惨な争いの事実、原爆を投下された事項によるトラブル折、ピースを祈り続けた人々の憧れ、また崩壊した街を必死に建て直そうとする人々の狙いがぐいっと分かり、エモーションせずにはいられませんでした。 ピース記憶館の中には広島東洋カープの歩行等も展示されていて、その話は、カープ創立の発端、大衆球団ゆえお金が無く客からオペレーションの為の寄進を募った創成期の修行、そうして山本、衣笠の台頭から始まった赤ヘル最高潮など、丁度大衆という歩んです球団なんだと遅まきながら感じました。出会い系を宮崎県延岡市で使うならアプリがオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です